自作する為に準備するものは3つ+α。

さて、いざビデオを作るとなると何をしていいのか悩むところ…しかし悩む必要はありません!実は「そんなに難しくないんです」
具体的な手順は後術するとして、準備するのにちょっと時間のかかるこちらの3つを用意しましょう。

1-1.jpg(1)スキャナー

1-2.jpg(2)映像編集ソフト

1-3.jpg(3)写真

(4)+α 時間と根気
実はこれが一番大事かもしれません(^^; 映像編集は思ってる以上に時間がかかります。こだわればこだわるほどアッという間に時間が過ぎます。時には思い通りいかないこともあるかもしれません。その時にめげない根気。この「時間」と「根気」さえあれば、誰でも感動あり笑いありの素敵な映像を作ることが出来ます♪

用意するものが揃ったらいざ制作開始です。制作は一ヶ月以上前からとりかかりましょう!

1-4.jpg(4)+α 時間と根気

写真をスキャンしよう!

1-1.jpg【準備1】スキャナー(写真取り込み用)
まずは写真をデータ化する為にスキャナーが必要です。プロフィールビデオやオープニングビデオに使用する写真データはそれほどハイクオリティーな画質は必要ありませんので300dpiの解像度前後で取り込めるスペックがあれば十分です。市販のスキャナーなら何でも大丈夫だと思います。スキャナーもそんなに高価なものではないので、購入するのもいいのですが、有料スキャンサービスに依頼するのも手です。1枚×数十円でスキャンしてくれ、CD-R化してくれます。さらに【裏技】最近のスマホの解像度は非常に高いので、そこまで写真のクオリティーにこだわらないのであれば、写真をスマホで撮影して使用してもよいと思います。

自分に合った映像編集ソフトを探そう!

1-2.jpg【準備2】映像編集ソフト
実際に映像を編集するための映像編集ソフトです。高価なもので言うとAdobe PremiereやApple Final Cut Proなどありますが、それはプロ用ソフトなので手に入れなくても大丈夫です(^^; Windowsに付属しているムービーメーカーやMac付属のiMovieでも十分な手作り映像が作れます。また、量販店などで販売している安価なビデオ編集ソフトを買えば、それなりに簡単に編集することができます(1万円以上するものがほとんどです)。目安としては、値段が高いほど自由度があります。ただ、覚えるのが大変(+_+;

プロフィールビデオの写真は45枚〜60枚くらいがベスト!

1-4-2.jpg【準備3】2人の思い出の写真
作りたいビデオの内容によりますが、一般的なプロフィールビデオを作るのであれば、まずは新郎新婦の誕生から今までの写真をだいたい45枚〜60枚ぐらい集めます。プロフィールビデオの平均映像時間は7〜8分と言われています。割り振りは自由ですが、新郎15枚〜20枚、新婦15〜20枚、二人の写真15〜20枚くらい。あまり写真を多くし過ぎるとゲストが飽きてしまうので注意が必要です。オープニングビデオ、エンディングビデオは作る内容によるので一概に何枚くらいとは言えませんが、写真をちゃんと見せたいのであるならば、1枚=7秒〜計算をするとおよその写真枚数が計算できます。

自作するなら制作期間は一ヶ月以上前から!

1-4-3.jpg【準備4】α 時間と根気
何より一番必要なものは映像を自作する為の「時間」です。意外と簡単にできるのでは?と思われると思いますが、映像編集はめちゃくちゃ時間がかかります。簡単なスライドショーを作る場合でも1日〜2日、それなりのプロフィールビデオを作る場合は4日〜5日はかかります。さらに撮影やら演出などを加えると1週間はあっという間に過ぎてしまいます。因にこの日数は編集ソフトを使いこなせている前提での日数計算です。 結婚式の準備で一番忙しい時期に作る手作り映像。作り始めたのは良いが、当日まで間に合わず上映できなかった!なんて事にならないように「時間」には余裕を持って準備することをお勧めします。あとはもうダメだなって思ったときには、ギリギリまで粘らずに、早々に業者へお願いした方が「時間もお金も節約できちゃった♪」って事もあるので決断はお早めに。途中まで自作していたけど、結局自由に編集できずに諦めてギリギリに業者に頼んだから、特急納品を取られてしまった!そんな話、結構よく聞きます。